■ カテゴリー『 神社 』の投稿一覧

チャリティーライブ 森林楽

11月3日(日)は、日光市大室の髙靇神社(たかおじんじゃ)で開催された

東北震災復興チャリティーライブイベント「森林楽」に行ってきました。

20131103_02

20131103_01

出演者は、県内在住のアーティストのみなさんです。

千愁(篠笛奏者)

さとうもと子(おもしろ語りべ)

小川奈穂(ボーカリスト)

Satoko(ボサノバ シンガーソングライター)

中嶋竜一(篠笛奏者)

オソダ ミホ(舞踏家)

中嶋大輔(ギターリスト)

与助(和太鼓)

綱川敬子(津軽三味線)

特別ゲスト:高木美保(タレント)  ※敬称略

20131103_0320131103_0420131103_05

20131103_0720131103_0620131103_12

20131103_0920131103_0820131103_15

20131103_11

主催は、「風の音association」。

2012年3月11日、福島県南相馬市震災孤児復興支援チャリティーイベント

「森の風からおくりもの」に集まった栃木県内の

アーティスト、ミュージシャン、パフォーマー等により結成。

「アートで日本を元気にしたい」という趣旨のもと、

震災復興支援チャリティーイベント等を展開している団体。

 

いつもこの神社にお世話になっている関係で、写真撮影をさせていただきました。

詳しくは、箏路さんのブログ「木もれびの里 箏路だより」に掲載されているので

そちらをご覧ください。(ちなみに掲載写真は私が撮影したものを提供)

20131103_13

霊力あふれる森の中に響く音色、歌声、語り、そして踊り・・・

まさに神々に捧げ、復興を祈願するかのようだった。

        ・

        ・

ところで、神社に行く前に箏路のお店に寄ったら、

なんと日光のK杉夫妻とバッタリ。(゚O゚)

残念ながらこの日は117クーペではなかったですが・・・

今度はご夫妻でMTGに参加されるといいですね。

 

 



台風一過 箏路へ

昨日は台風が関東の太平洋沖を通過したせいか、

非常に風の強い一日でしたが、

今日は打って変わって、台風一過のすっきりした晴天!

となれば、晴れた日はクーペに乗って納品に行ってきました。

 

場所は、日光市大室の「木もれびの里 箏路」。

森の木立と清々しい空気がきもちいい。

数日前にはフェアレディZの一行様が見えたと言ってました。

20130927_01

20130927_02

ここのお蕎麦はもちろん手打ち、ほんとうに美味しいです。

リピーターが多いというのもうなづけますね。

また、日光天然かき氷もおすすめですので、

お近くに来たときは、ぜひお寄りください。

 

納品を済ませたあとは、このままドライブと行きたいところでしたが

仕事があるのでそうはいきません。

そこでちょっと一息というわけではありませんが、

そばの「大室たかお神社」に寄って、世界の平和と私の金運を祈願してきました。

20130927_03

20130927_04

 

行きは高速でしたが、青空がすごく気持ちいいので

帰りは下道での〜んびり帰ってきました。

20130927_05

 

 

 



渡良瀬橋MTG

117OC春MTGの最終下見が終わったあとは、

H堀さんに案内してもらい、

お楽しみの渡良瀬橋MTG(T中さん曰く森高MTG)のスタートです。

 

まずは、織姫公園を少し下がったところにある織姫神社によってお参り。

ここの神社には何度か来ていますが、

山の中腹にあるため眺めもよく、いつきても心が清々しくなるいい場所です。

 

織姫神社からは渡良瀬橋がよく見えます。

20130421_watarase_01

 

朱塗りの社は“織姫”というにふさわしい華麗なものです。

縁結びの神様ということなので、

私もしっかり“¥(縁)結び”をしていただけるようお願いしました。

20130421_watarase_02

ただ、お参りしたあとに、H堀さん曰く、

「ちゃんと名前と住所、生年月日は伝えましたか?」 と・・・

神様は多くの人から願い事を頼まれて忙しいので、きちんと名前を伝えないと、

願いを叶えてくれませんよとのこと・・・え〜、先に言ってよ!!!

 

織姫神社のあとは、渡良瀬橋の歌詞にある「八雲神社」へ。

と、その途中で半分になった面白い建物を発見!

実際に住んでいるんでしょうか?

20130421_watarase_03

 

八雲神社駐車場に並ぶ117クーペ。

20130421_watarase_04

足利市内には「八雲神社」が少なくても8社あるらしいんですが、

ここは、昨年12月に火災に遭ったあの八雲神社です。

現在は、仮社殿が建てられています。

20130421_watarase_05

社殿再建に向け、その資金とするため渡良瀬橋を図案化した絵馬をつくり、

販売しているそうです。1枚500円。

森高千里さんもコンサート会場で販売に協力しているそうです。

私も、一日も早い再建を祈願して来ました。

20130421_watarase_06

神社奥には、あしかがフラワーパークより寄贈され、

森高千里さんが記念植樹した藤がありました。

20130421_watarase_07

 

八雲神社から徒歩で、♪床屋の角にポツンとある公衆電話おぼえてますか〜♪

と歌詞にある、電話ボックスへ。

20130421_watarase_10

 

20130421_watarase_08

今回参加のT中さんとT代さんは大の森高千里ファンだそうです。

T中さんはここから電話するのが夢だったと・・・実際に電話をしていました。

いや〜、青春ですね!(笑)

20130421_watarase_09

 

最後は、やっぱり“渡良瀬橋”ですね。

夕方、頃合いもよし、渡良瀬橋の夕日を期待して、向かいます。

 

橋の袂近くには、歌碑がありました。

左側にあるボタンを押すと、渡良瀬橋の歌が流れてきます。

20130421_watarase_11

ちょっと着くのが遅かったようで、ギリギリのタイミングでしたが、

しっかりと渡良瀬橋に沈んでいく夕日を見られました。

歌詞にもあるように、とても夕日がきれいでした。

20130421_watarase_12

 

小京都・足利。

心にやさしさをくれる街ですね。

 

5月26日、

117クーペオーナズクラブ関東支部の春ミーティングで

また来ます。

 



足利・渡良瀬橋

日曜日の佐野・足利MTG下見の下見つながりで

♪渡良瀬橋の話題を取り上げていましたが、

偶然にも今朝の下野新聞に、

八雲神社の絵馬と森高千里復帰コンサートの記事が載っていました。

20130328_01

 

30、31日の両日、足利市民会館で

15年ぶりとなる森高千里さんの復帰コンサートが行われるようです。

足利から公演復帰のスタートをきるとを聞くと、

森高さんにとっても♪渡良瀬橋という曲が特別なものなんだな〜と感じます。

ほんとに、この曲はいつまでも残る名曲ですね。

 

私にとって、もうひとつ心に響く好きな曲があります。

竹内まりやさんの♪人生の扉です。

歌詞にあるように、五十路を過ぎたせいか、ズズーンと心にきます。

今は春、ちょうど満開の桜が咲き誇っていますが、

さて、あと何回見ることができるんだろうか。

 

・・・・・

 

4月7日に佐野・足利MTGの最終下見に行くことになりました。

下見が終わったあと、足利のH堀さんの案内で、

♪渡良瀬橋ルートを案内してもらう予定です。

  どうしても、床屋の角の公衆電話で電話したい!!!

  夕日のきれいな街を見てみたい!

と、のたまう同行者が当日はいるものですから・・・(笑)

 

そういう私も、この渡良瀬橋ルート、楽しみにしています♪♪♪

 



117OC春MTG下見の下見

24日の日曜日に、117クーペオーナーズクラブ関東支部の

春のミーティングのための下見の下見を、

栃木のメンバーでして来ました。

 

残念ながら、晴れた日ではなく、ちょっと重い曇り空でしたが、

朝、宇都宮の道の駅ろまんちっく村でT代号と待ち合わせ。

ただ今回は、T代さんの赤の丸目号はただいま整備中ということで

これも希少ないすゞ車のアスカ・イルムシャー号での参加となりました。

 

9時、国道293号を佐野・足利に向けて出発しました。

 

ルート293は、市街地を外れれば、信号も少なく

田園風景の広がる走りやすい道路で、

私の好きなコースの一つでもあります。

20130324_12

20130324_14

 

途中、「道の駅にしかた」でHM117のA達号(左)と合流。

一番右が、まず見かけることのないT代さんのアスカ・イルムシャー号。

20130324_01

 

佐野の「道の駅たぬまどまんなか」では

このブログを通じて知り合った117OCの仲間になるかもしれないH堀さんと合流。

ただ残念なことに、彼の117クーペも整備中ということで別の車での参加となりました。

 

4台で、ランチ候補地の佐野・出流原のホテル一乃館へ。

ここは大正ロマンの漂う、趣あるホテルで、

古き良き117クーペにはピッタシの場所です。

20130324_10

ちなみにオーナーはアストン・マーチンオーナーだそうで、

ホテルのロビーや廊下のディスプレーにその思いがこもっています。

20130324_11

 

ホテルの前には出流原弁天池があり、

その脇の山の中腹には赤塗りでひときわ目立つ磯山弁財天があります。

20130324_02

20130324_03

20130324_04

上の弁天堂までは結構な登り坂で、運動不足の体にはこたえますが、

上から望む景色は心あらわれる爽やかさがあります。

 

この一乃館ではもう一台の117クーペ◯山号と合流。

これで全員揃い、次のランチの候補地でもある「ココ・ファーム・ワイナリー」へ。

20130324_15

 

ココ・ファーム・ワイナリーの駐車場に並ぶ117クーペ。

一番左端が◯山号。

20130324_05

 

ここではランチを実際に食べてみました。

上がデッキランチ、下がスパイシーカレーランチ、共に1,000円

非常にリーズナブルで新鮮な野菜が美味しいく、

女性にはうれしいメニューとなってますが、

男性にはちょっと物足りないかな・・・

20130324_06

20130324_07

 

デッキの上から前のぶどう畑を望む。

新緑のころは最高のロケーションでしょうから、

また来てみたいですね。

20130324_08

ちなみに、このココ・ファーム・ワイナリーがどういうところか知りたい方は

私が説明するより、下記ビデオを見てもらったほうが早いかもしれません。

ココ・ファーム・ワイナリー[いいね!JAPAN ソーシャルアワード]

 

ランチのあとは、

足利市内に足を伸ばし、足利学校や鑁阿寺までの観光ルートと

駐車場の確保をどうするかを下見。

足利はよく小京都といわれるだけあり、非常に落ち着く街です。

20130324_09

 

もう少し時間があれば、織姫神社

森高千里の♪渡良瀬橋♪の歌にあるルートも歩いてみたいですが、

今回はここまでで解散。

皆さん、それぞれ無事!に帰宅されたと思います。

 

4月になったら、またルートを煮詰めるために訪れる予定です。

 

(追記)

森高千里さんが「渡良瀬橋」誕生から20年を経て、その思いを語った

「渡良瀬橋」と私』というYouTubuがありました。

ちょっとジーンと来ちゃいました。

よかったら覗いてみてください。



2020年7月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031