ダンパー(KONI)減衰力の変更

昨日は、

今までやろうと思っていても

なかなかできなかったダンパーの減衰力調整をしました。

 

私の117クーペのダンパーはKONI(コニー)なので、

無段階で減衰力の調整ができます。

 

今まではどちらかと言うと硬めの設定だったので、

コーナリング時のロールやゴー・ストップ時のダイブも少なく

運転のしやすい、走っていて楽しい設定でした。

ただし、何事もこちらが良ければあちらが立たずで、

乗り心地はある程度、我慢、我慢です。

特にKONIは硬くすると、段差を乗り越えるときは、それなりに突き上げ感も強く、

そのうちボディが壊れるんじゃないのと思うこともあります。

 

KONIと比較するとビルシュタインなどは、硬めの設定でも段差を乗り越えるときは

トン、トン、という感じで突き上げ感も少なく、マイルドな感じですね。

 

それで、もう少し乗り心地を良くしたい、

117クーペを長く乗り続けるためにも、ボディにもう少し優しい設定にしたい、

ということで、ちょっと柔らかめにシフトしてみました。

 

今までは、フロントは一番硬めにした状態から半分(180度)戻しでしたが、

今回は、それにプラス90度(270度)柔らかめにしました。

リアは、一番硬めの状態から1周と1/4(450度)で、

こちらは今までに比較して180度プラスにしてみました。

 

【KONIの取り外し】

DSCN1184

KONIのフロントを外すときは、上部のダブルナットを外します。

ただその時、上部の穴に六角レンチを差し込み固定しながら回すようにします。

DSCN1183

上が外れたら、下側を固定しているネジを外せば、

下に落ちてきます。

DSCN1185

減衰力の調整は、いっぱいに縮めてから右に止まるまで回すと

それが一番硬い状態になるので、

後は好みに応じて左に回して柔らかさを調整してみてください。

私は今回、3/4周(270度)に設定しました。

 

DSCN1177

リア外すときは、リアシートを倒し、上部のナットを外します。

やはりフロントと同じように、六角レンチで固定して回すようにします。

DSCN1172

そして下側のナットを外して、横にずらせば簡単に取り外せます。

DSCN1181

リアも減衰力の調整は、いっぱいに縮めてから右に止まるまで回すと

それが一番硬い状態になるので、あとはフロントと同じように調整します。

私は今回、1周と1/4(450度)に設定しました。

 

【走行フィール】

実際に走ってみた感じでは、

まず気になったのが、ゴー・ストップ時のダイブ感が大きくなったこと。

ただ今までが殆どなかっただけに気になるという程度ですが・・・

あとは全体的にフワフワする感じがしたことかな・・・。

コーナリングは、

比較できるほどスピードが出せるコーナーを走ってないので

今回は判断出来ませんでした。

 

とりあえず、この設定で少しの間乗り続けて、

いろいろな状況の道を走り、馴染んできてから、

もう少し微調整が必要かどうか判断してみたい。

 



J2同期ダービー vs 岡山戦

5月3日は、J2第12節、ホームグリスタで、

栃木SC vs ファジアーノ岡山、同期対決でした。

20130503_01

2009年、J2に同時昇格した岡山だけに

ここだけには負けたくないというライバル意識があります。

現在栃木が4位、岡山が5位と同じような順位にいることからも、

この試合は、絶対に負けられない戦いなのです。

 

20130503_02

20130503_03

20130503_04

 

結果は、1−0の勝利!

 

後半41分、交代で入ったサビアが2戦連続の得点で、試合を決めました。

もしかしたらこのまま0−0の引き分けかと、思いはじめていた頃だけに

サビアのシュートが決まった時のグリスタの興奮度は凄いものでした。

20130503_05

これで4連勝!

11戦無敗の岡山に初黒星を付けました!

 

しかし、栃木SCも強くなったなと思いますが、

岡山もやはり強かったです。

お互い4位、5位という位置にいるのは

けしてフロックではないことが証明できたと思います。

20130503_06

順位は上位陣は変わらず、4位のまま。(岡山は7位に後退)

入場者数は4,702人。

これだけいい試合をしているので、もっと多くの人に来てもらいたいですね。

 

次節はアウェー愛媛戦。

スカパーでの観戦となります。

 



Y科号試乗レポート

群馬MTGの翌29日。

FMRで整備・点検入院していたY科号を引き取りに

東京からT中さんのHM117に同乗してY科さんが来ました。

 

Y科号はオーバーホール後、慣らし運転をしていたのですが、

オイル漏れが見つかり、佐野・足利MTGの最終下見後に再度FMRに入院。

オイル漏れやクラッチの修理、点検整備、オイル交換等を済ませ、

この日、退院となりました。

20130429_01

 

FMR POWERの看板の前に並んだ3台。

一番手前がY科号、真ん中がT中号。

20130429_03

20130429_02

 

FMRを後に、宇都宮の我が家へと向かう。

20130429_04

 

私の事務所前に停まるT中号とMYクーペ。

横から見ると同じ車に見えても、HMと角目では印象が全然違います。

正面の顔は日本人とイタリア人ハーフくらいの差がありますね〜

ボンネット先端のラインが随分違います。

20130429_05

 

Y科号は、佐野・足利MTG下見のあと、そのまま入院となったので

汚れもそのまま。

ということで、まずは洗車作業となりました。

20130429_06

ホイールを歯ブラシで汚れ落としするT中さん。

20130429_07

一生懸命ワックスがけをするY科さん。

20130429_08

エンジンも快調になり、ボディもピカピカとなったY科号。

さあ、この後は洗車後の水切りを兼ねて、

生まれ変わったY科号の試乗会となります。

20130429_09

 

まずT中さんが試乗した後、私もY科号を運転させてもらいました。

M/Tのクルマを運転するのは10年ぶりくらいになります。

以前21年間は96XGのM/Tを乗っていたんですが、

さすがに10年ぶりとなると、出だしではお約束通りのエンスト(^_^;)

ま、乗ってるうちに少しはよくなってはきましたが・・・

 

Y科号は、非常に静かなクルマになっていました。

比較のため乗ったT中号と比較すると、

同じ117OCのマフラーで同じG161Wなのに、

こんなに違うのというくらい静かでした。

 

一番の違いはトルク感でしょうか。

慣れないM/Tでついつい、2速発進などもしてしまいましたが、

エンストすることもなく、スムーズに加速していきます。

それが、T号ではノッキング状態になり、思わずクラッチを踏み、

1速からの出だしとなります。

私のようにM/Tに慣れていない人間でも乗りやすいクルマに仕上がっていました。

 

高速走行したわけではないので、

(Y科さんもまだ、あまり回転を上げてほしくなさそうだったので)

加速感の比較はできませんでしたが、

このトルク感で加速していくことを考えれば、

楽しいエンジンではないでしょうか。

 

ちなみに同じHMに乗るT中さんの試乗インプレッションは、

 ・・・Y科号はT中号と比べると、丁度ギア1つ分のトルクがある感じ。

 つまりT号の2速の加速がY号は3速で味わえる。

 上り坂でT号なら3速が必要でも、Y号は4速のまま行ける!

 また、直進性が良く、

 ハンドル中央付近の手ごたえもシッカリ感があるので、

 高速の巡航などではとても疲れが少ないと思います。

・・・とのこと。

 

FMR武藤社長はいつも、オーバーホールしたエンジンは

5,000kmくらい走行するとアタリが出はじめてきて、

10,000〜20,000kmくらい走って本当の性能が出てくると言ってるので、

アタリが出た頃もう一度乗らせてもらいたいですね。

 

ちなみに私のクーペのエンジンもOH後10,000km超になりますが

最近トルク感がさらに増してきたように感じています。

やはりアタリの出はじめは5,000kmくらいからでした。

          ・

          ・

          ・

試乗会をすませた後、Y科号とT中号は

GW帰りの渋滞に巻き込まれないようにと

早めに東京に帰っていきました。

 

高速走行中の写真をT中さんが撮って送って来てくれました。

(このブログで何枚か使わせていただきました。謝謝m(_ _)m)

慣らし走行中はずっと一番左側を80〜90km/hくらいで走っていましたが、

慣らしを終えたので、今回は中央の車線を走って帰ったそうです。

20130429_10

ただし、写真と一緒についてたT中さんのコメントには、

 

・・・でも、最後まで100km/hをキープしてました・・・ので、

援護するT中号の後ろには渋滞の列が次第次第に長く・・・・。

 

蓮田PAで最後の休憩のとき、駐車場誘導スタッフ(60歳くらい)から

Y科さんへ「兄ちゃんのクルマ117だろ!渋いね~」×5回の

声援をいただいていました。

いつも思いますが、ああいう言葉を掛けてもらうと嬉しいですね・・・

 

とありました。

 



群馬まったりランチMTG

このGW前半は、117クーペ三昧でした。

28日は、群馬・藤岡で117OC群馬組の顔合わせMTGに参加。

29日は、FMRで最終点検・調整したY科号の洗車&試乗会。

天気は最高のクーペ日和で、楽しい2日間でした。

 

28日。

群馬組の顔合わせMTGに来ませんかと、声をかけていただいたので

私は足利のH堀さんを誘い参加。

新潟からはW邉さんと友人S木さんが参加。

群馬組はS山さん、U野さん、T村夫妻の全員が参加しました。

 

12時に上信越道・藤岡IC横のららん藤岡(道の駅ふじおか)に集合し、

そこから、ランチMTGを行う場所まで5台の117クーペを連ねて移動。

20130428_01

 

ランチMTGは、

T村さんのお友達の元イタリアンレストランのオーナーシェフM氏自宅。

広い敷地の芝生の上に117クーペが並びます。

(芝生にクルマを停めてしまっていいのかしら?)

20130428_02

 

ここで、参加者の117クーペたちを紹介しましょう。

 

T村号(95XC)

白の96XEをお嫁に出し、この青の95を先日入手。

このMTGに合わせ公道復帰ですが、ギリギリ間に合ったそうです。

20130428_04

U野号(96XG)

腰痛持ちにはうれしいレカロシート仕様。

こだわりグリル中央のいすゞマークがチャームポイント!

20130428_05

W邉号(95XE)

こちらも内装はレカロシート仕様。

95ではめずらしいマルーン色が人目を引く。

ピッカピッカ度は今回参加の中では一番でした!

20130428_07

H堀号(96XT)

足利MTG下見から参加ですが、このブログではすっかりレギュラー出演状態!

こちらも腰痛持ちにはありがたいレカロシート仕様です。

20130428_08

S山号。

本来なら青のHM117クーペ来る予定でしたが、

この日はクラッチの調子が悪いということでロードスターで参加。

20130428_06

 

 

20130428_03

この庭にテーブルを出してもらって、

最高の天気の下で、元イタリアンシェフが作る美味しい料理を食べながらの

ガーデンランチミーティングは、本当に贅沢なひとときです。

20130428_19

 

ところで、

贅沢な気持ちにさせてくれる要因がもう一つありました。

それはこれらです。

20130428_09

 

あるところにはあるんですね。。。

手前から、ディノ、308GTB、テスタロッサ、アルファ・・・

オーナーシェフとして休む暇もなく働いた証だそうです。

(私も結構休む暇なく働いているつもりですが、

フェラーリのフェも持てません・・・まだ働き足りないんですかね(-_-;))

20130428_10

 

こちらも年代物のアルファのオープン。

詳しくないので、説明はご容赦。

20130428_11

20130428_12

 

ランチアもあります。ストラトスです。

これからレストアする予定だそうです。

20130428_13

 

この他にも、フェラーリ、アルファロメオ、ランチア、ルノー、ミツオカ・・・

と何台もあるのですが、ほんとにびっくりものです。

20130428_18

20130428_17

20130428_16

イタリア車好き、スーパーカー好きにはたまらない空間ですね。

いやー、ほんと、あるところにはあるものですね。

         ・

         ・

         ・

今回のランチミーティングは、ツーリングはなかったですが、

ゆったりまったりしながら、大好きなクルマを眺め、語るというもの。

最高の天気に恵まれ、本当に贅沢な時間を過ごさせていただきました。

企画していただいたT村さんと、場所を提供してくれたM氏に感謝です。

ありがとうございました。m(_ _)m

 

心も腹も満腹になったみなさんは、

それぞれ帰途につきました。

 

マルーンの117が横並びに・・・奇跡のワンショット?!

20130428_14

北関道・波志江PAでH堀号と。

20130428_15



渡良瀬橋MTG

117OC春MTGの最終下見が終わったあとは、

H堀さんに案内してもらい、

お楽しみの渡良瀬橋MTG(T中さん曰く森高MTG)のスタートです。

 

まずは、織姫公園を少し下がったところにある織姫神社によってお参り。

ここの神社には何度か来ていますが、

山の中腹にあるため眺めもよく、いつきても心が清々しくなるいい場所です。

 

織姫神社からは渡良瀬橋がよく見えます。

20130421_watarase_01

 

朱塗りの社は“織姫”というにふさわしい華麗なものです。

縁結びの神様ということなので、

私もしっかり“¥(縁)結び”をしていただけるようお願いしました。

20130421_watarase_02

ただ、お参りしたあとに、H堀さん曰く、

「ちゃんと名前と住所、生年月日は伝えましたか?」 と・・・

神様は多くの人から願い事を頼まれて忙しいので、きちんと名前を伝えないと、

願いを叶えてくれませんよとのこと・・・え〜、先に言ってよ!!!

 

織姫神社のあとは、渡良瀬橋の歌詞にある「八雲神社」へ。

と、その途中で半分になった面白い建物を発見!

実際に住んでいるんでしょうか?

20130421_watarase_03

 

八雲神社駐車場に並ぶ117クーペ。

20130421_watarase_04

足利市内には「八雲神社」が少なくても8社あるらしいんですが、

ここは、昨年12月に火災に遭ったあの八雲神社です。

現在は、仮社殿が建てられています。

20130421_watarase_05

社殿再建に向け、その資金とするため渡良瀬橋を図案化した絵馬をつくり、

販売しているそうです。1枚500円。

森高千里さんもコンサート会場で販売に協力しているそうです。

私も、一日も早い再建を祈願して来ました。

20130421_watarase_06

神社奥には、あしかがフラワーパークより寄贈され、

森高千里さんが記念植樹した藤がありました。

20130421_watarase_07

 

八雲神社から徒歩で、♪床屋の角にポツンとある公衆電話おぼえてますか〜♪

と歌詞にある、電話ボックスへ。

20130421_watarase_10

 

20130421_watarase_08

今回参加のT中さんとT代さんは大の森高千里ファンだそうです。

T中さんはここから電話するのが夢だったと・・・実際に電話をしていました。

いや〜、青春ですね!(笑)

20130421_watarase_09

 

最後は、やっぱり“渡良瀬橋”ですね。

夕方、頃合いもよし、渡良瀬橋の夕日を期待して、向かいます。

 

橋の袂近くには、歌碑がありました。

左側にあるボタンを押すと、渡良瀬橋の歌が流れてきます。

20130421_watarase_11

ちょっと着くのが遅かったようで、ギリギリのタイミングでしたが、

しっかりと渡良瀬橋に沈んでいく夕日を見られました。

歌詞にもあるように、とても夕日がきれいでした。

20130421_watarase_12

 

小京都・足利。

心にやさしさをくれる街ですね。

 

5月26日、

117クーペオーナズクラブ関東支部の春ミーティングで

また来ます。

 



2019年10月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031