■ タグ『 長瀞 』の付いた投稿

埼玉・長瀞 爽秋MTG(その2)

117クーペ15台とピアッツァ1台は、

道の駅「はなぞの」から国道140号を走り、

最初の目的地「長瀞・長生館」に向かいます。

20131027_12

長瀞駅周辺では、ちょうど踏み切りで電車の通過待ちとなったため

117クーペがずらーと並ぶ状態に・・・

駅周辺にいた人も、この光景にはビックリしたことでしょうね。(笑)

20131027_1320131027_14

駅から200mほどのところに今回の昼食場所「長生館」があります。

長生館では117OCのツーリングのために、第2駐車場を空けておいてくれるという

やさしい配慮をしていただきました。

おかげさまで、ここでも一列に並べることができました。感謝<(_ _)>

 

なお、長生館さんのスタッフブログに、当日のことを載せてくれていますので、

ちょっとのぞいてみて下さい。

ameblo.jp/choseikanstaff/entry-11654522693.html

20131027_1520131027_16

長瀞では昼食前に天然記念物「岩畳」をみるために河川へ。

ここは荒川の中流域になるそうで、ライン下りでも有名なところです。

ただこの日は、前日までが台風という状況だったので

川は茶色に増水しており、ライン下りは中止のようでした。

20131027_17

岩畳を観光した後は、それぞれに商店街へ向かい、お土産探し。

そのなかに、アンティークな玩具がいっぱい並ぶお店が・・・

子ども心をいつまでも忘れないクラブのメンバーは、そこに釘付けになる人も・・・

20131027_1820131027_19

懐かしのおもちゃに後ろ髪を引かれながらも、食事のために長生館へ。

食事は大きな窓から岩畳が一望できるレストランで戴きます。

料理は予算に合わせ、いろいろと配慮していただきました。感謝<(_ _)>

20131027_20

 

食事が終わり、つぎはいよいよツーリングに。

国道140号〜299号と走り、

まずは、休憩ポイントの道の駅「果樹公園あしがくぼ」に向かいます。

20131027_21

道の駅「果樹公園あしがくぼ」に着くと、駐車場は大渋滞。

台風一過とあって最高にいい天気、絶好のドライブ日和となったためか?

とりあえずこの辺でトイレ休憩となるとここくらいしかないため、

ぐるぐる回りながら、なんとかそれぞれ停めることに・・・

20131027_22

道の駅「果樹公園あしがくぼ」で見かけた珍しいバイク。

20131027_2320131027_24

 

道の駅「あしがくぼ」から次は「高麗神社(こまじんじゃ)」に向かいます。

ここからは国道299号は長いトンネルを抜けると、

高麗川にそったワイディングロードが続きます。

信号もほとんどなく、気持ちよく走れる道は、絶好のツーリングコースですね。

20131027_25

 

高麗神社駐車場でも、一列に並べると、

ボンネットを開けるクーペも・・・こうなると時間はいくらあっても足りません。

クーペ談義に花が咲き始めますが、「時間が・・・」と背中を押され、神社に・・・

20131027_2620131027_27

高麗神社は、「高句麗国の王族高麗王若光を祀る神社である」とあり、

由緒ある神社のようです。詳しくは、ホームページをご覧ください。

神社内には、慶長年間に建てられたという高麗氏の旧住宅(国重要文化財)もあります。

20131027_2820131027_2920131027_30

20131027_3120131027_3320131027_32

今年は、117OCミーティングで真岡・大崎神社、足利・織姫神社など

いろいろな神社に行き福を願いましたが、なかなか宝くじ当たりませんね・・・

ま、事故を起こさず安全にミーティングが行えることで

願いはほぼ叶っていると言っていいのでしょうが・・・(^^ゞ

 

このあとは、最後のポイント「サイボクハム」に向かいます。

そこでお土産を買ったり、食べたりした後、解散となります。

20131027_34

 

117OC関東支部の秋ミーティングも、春ミーティングと同じように

多くのクーペが参加して、最高の天気に恵まれ、楽しい一日となりました。

帰途は、朝と同じように栃木組4台で、圏央〜関越〜北関〜東北道で帰ってきましたが、

総走行距離313km(メーター読み)でした。

20131027_3520131027_36

20131027_3720131027_38

このあとは、11月23〜24日が静岡・日本平で全国ミーティングが開催されますが、

そちらも参加の予定ですので、どれだけ多くのクーペに会えるか、楽しみです。

 



2020年4月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930