THE MAN 武藤文雄(Racing on 466号) 

わが117クーペの主治医、FMRの武藤社長の取材記事が、

「Racing on 466号」(2013.08.01 三栄書房)に掲載されてます!

20131011_01

20131011_02

117OCのY科さんより記事掲載のことを教えていただき

速攻、TSUTAYAへ! GETしてきました。

 

  復活 THE MAN 閃光を放った男たち

   メインレース以上に人気を博した70年代の富士GC前座「マイナーツーリング」

   サニーvsスターレット、幾多の名勝負が繰り広げられたなかで

   その一戦は、実際にそれを見た者には忘れられぬ強烈な光を放っている

   鳥肌が立つほどに大雨の中を疾駆した男の名前は、武藤文雄といった

 

このリード文を読んだだけで、ゾクッときますね・・・・

武藤社長の若き頃のレーサーとしての活躍、明と暗、

これまでの生き様が、4ページにわたって書かれています。

 

「でもレースは辞められないね。ヒストリックカーでも細部までこだわって、

クルマ作るのでもナンバーワンでいたいじゃない。分かるでしょ」

この言葉に、今のメカニックとしての武藤文雄が

私たちのような一般車に対してでも妥協を許さない、あのこだわりは、

常にナンバーワンをめざすレーサー魂からくるものなのかと改めて思う。

だからこそ、今でもそしてこれからもレーサーなのだろう。

 

こんな人に愛車を診てもらえてると思うと嬉しくなりますよね。

だから、わが117クーペは日光の峠道でも絶好調で快走できてます。

20131011_03

 

 



コメント / トラックバック 7 件

  • ■ H堀 2013/10/18 20:35| )

    歳をとることは、老いるのではなく経験を積み重ねる事!鍛錬を重ねた日本刀のような妖艶で、怪しい光を放ち、隙あらば一太刀で仕留める眼光は、鯉口を切って待つ侍の様。侍チューナーですね。
    メインレースを食う程の緊迫感・切迫感のあるレース、TSサニー、スターレット。日産とトヨタのワークスが、プライベータが、意地を重ねたガチンコレースを繰り広げた事で観衆の心を奪ったのでしょう?!あの甲高いエキゾーストノートが蘇るようです。武藤さんその顔のしわ、素敵にカッコいいですよ!!

  • ■ 管理人 2013/10/19 07:28| )

    「サムライ・チューナー」ですか、かっこいいですね。
    七夕の筑波サーキットでのイキイキと躍動する姿を見て、ほんとにレースが好きなんだなと思いました。
    妥協を許さないレーサー魂をいつまでも持ち続ける武藤さんに、ぴったしのイメージです。

  • ■ 山田 2013/11/08 13:12| )

    管理人様、こんにちは、小田原の山田です。私もこの雑誌が気になっておりました。小さいころ富士に行くと武藤さんが普通に走っていたのを思い出しました。黄色いレーシングスーツ覚えております。父はTSのサニーの話しを良くしてくれます。ワークス相手にPPとったことなど、興奮して話しております。私はインターテック参戦のワークススタリオンの武藤さんがとても印象にあります。

  • ■ 管理人 2013/11/09 22:04| )

    山田さん、コメントありがとうございます。お父様が武藤さんと一緒にレースをやっていたことや、場所柄の関係で、小さい頃から富士SWに行っていたんですね。そして、武藤さんの走りを見ていた・・・うらやましい限りです。写真見ても分かるように、さぞかし若かりしころのレーサー武藤さんはカッコよかったんでしょうね。
    ところで明日、その富士SWを117クーペで走ることになりました。残念ながらレースではありません、イベントのパレードランですが、私にとっては初めての富士SWですので、今からちょっと興奮気味です。詳しくはまたブログでお知らせしたいと思います。

  • ■ 山田 2013/11/10 09:31| )

    管理人様、富士SWを117クーペで走る!!気持ちいでしょうね!!羨ましいです。新しくなったコースはきれいでテクニカルコースに生まれ変わりましたね!時間があれば行きたかったです。しかしながら、本日は休日出勤で神奈川県の大井町での環境展に参加予定です。残念です。お気を付けて走行をしてください!ちなみに、若いころの武藤さん、カッコよかったですよ。

  • ■ 管理人 2013/11/15 02:55| )

    山田さん、富士SW走って来ました。初めてのサーキット走行は小雨降る中でしたが、パレードランとはいえ、それなりに楽しかったです。ここでFMRの武藤さんたちはデッドヒートしながらタイムを競っていたんだなと思うと、ちょっと感慨深いものはありましたね。
    117クーペではちょっと馬力不足の感は否めませんが、楽しい一日でした。その模様の記事はアップしましたので、ご覧ください。

  • ■ 山田 2013/11/26 12:29| )

    管理人様、富士の記事読ませていただきました。羨ましいの限りです。それにしても、117きれいにお乗りですね!すごいです。私も、子供が大きくなりましたらサーキットを走れる車に乗りたいです。

コメントをどうぞ

■ メールアドレス (ご入力頂いたアドレスは公開されません)
■ コメント本文

Trackback URL

2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031